VOD

厳選!子供におすすめの動画配信サービスはこれです。【無料あり】

  1. HOME >
  2. VOD >

厳選!子供におすすめの動画配信サービスはこれです。【無料あり】

子供にアニメや子供向けの番組を見せたいんだけどYouTubeはちょっと抵抗あるし、購入するにもそんなに買えない。レンタルとなると何度も借りにいくのが面倒。。。何かおすすめのサービスがあったら教えてほしな。それも安全なところがいいな。

こういった悩まれてるお母さん・お父さんに向けて答えていきます。

 

子供が「あれ見たい」「これ見たい」と言ってアンパンマンやクレヨンしんちゃん、プリキュア、特撮ヒーローなどたくさんのDVDをレンタルまたは購入してしまいませんか?

レンタルであればその都度返却もしに行かないといけないし、購入するにもなんでもかんでも購入する訳にもいきません。

それに量もかさばったりするし、好奇心旺盛の子供にとってはDVDを広げて遊んだりとか。。。

現在はYouTubeがありますが意外とYouTubeを子供に見せるには抵抗があるっていう方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そこでおすすめなのが動画配信サービス(VOD)です。動画配信サービスを利用すれば自宅で全て完結できていつでも子供向けのアニメや特撮ヒーローなどの番組を視聴できるのでとても便利です。

動画配信サービスといっても色々と種類がありますし、中には子供向けのジャンルが少ないサービスもありますので今回は子供向けアニメや番組の多い動画配信サービスをご紹介します。

それでは早速いきましょう。

今回ご紹介するのは。。。

U-NEXT

Hulu

dTV

以上の3つをご紹介します。

 

U-NEXT

まずはU-NEXTをご紹介します。

基本情報

・月額料金:1990円(税抜)

・配信タイトル:20万本(見放題作品18万本、レンタル2万本)※2020年5月現在

・無料期間:あり(31日間)

 

U-NEXTおすすめポイント

圧倒的な動画配信数!アニメも充実

U-NEXTは国内の動画配信サービスを比べても動画配信タイトル数20万本(レンタル作品含む)と圧倒的な配信数を誇っています。もちろん子供向けアニメも充実しておりその数4000本弱あります。

人気作品の「鬼滅の刃」や「ワンピース」といった大人まで楽しめるコンテンツや「コナン」、「あたしンち」、「仮面ライダー」や「プリキュア」などの小さい子供にも楽しんでもらえる作品がたくさん揃っています。

「いないいないばあ」や「おかあさんといっしょ」など教育に関する作品もたくさんありますので飽きることなく利用できると思います。

またアニメ以外にも絵本の読み聞かせができるのも魅力の1つですね。

 

ファミリーアカウントが作れる

U-NEXTは最大で4つまでアカウントが作成することができます。

子供用のアカウントを作成し、年齢制限や購入制限をすることで見せたくないコンテンツを事前に抑えることができて安全に利用することができます。

アカウントを作成することで子供にテレビでアニメや教育番組などを見せている間にお母さんお父さんはそれぞれ好きなドラマや映画を視聴することが可能です。

 

U-NEXTのデメリット

月額料金が高い

U-NEXTは他の動画配信サービスと比較しても1990円と高めの設定です。ただ序盤にお伝えした通り動画配信タイトルが20万本と圧倒的な数とコンテンツの量があり、雑誌なども豊富に取り揃えているので料金に見合ったサービスだと思います。

・大人向けコンテンツも豊富

ドラマや映画、子供向け番組も豊富なU-NEXTですが、大人向けのコンテンツも豊富にあります。子供におすすめできないコンテンツですので制限をすることで視聴できなくすることができます。

また年齢制限で全年齢のみの作品にすることができますが中には子供向けとはいえない作品もありますのでここはお母さんお父さんの判断が必要になってきます。

U-NEXT

 

Hulu

次に紹介するのがHuluです。

 

基本情報

・月額料金:933円(税抜)

・配信タイトル:6万本以上 ※2020年5月現在

・無料期間:あり(2週間の無料トライアル)

 

Huluおすすめポイント

・子供向けコンテンツhuluキッズ

キッズ作品のみ表示されるコンテンツで、大人向けのコンテンツや不適切なコンテンツを見る心配がありません。

配信コンテンツはアンパンマンやしまじろう、ポケットモンスター、コナン、仮面ライダーなどの男の子が大好きの特撮ヒーローもの。もちろん女の子が大好きのキティちゃんやキラッとプリ☆チャンなどのアニメも配信されています。

・ライブ配信で視聴するBaby TV

Baby TVはヨーロッパで生まれたコンテンツで、児童心理学者監修の下に製作されたオリジナル番組です。

基本的に1分から7分の短編番組を24時間放送しているので飽きずに視聴することができると思います。

配信内容は公式ページで確認してみて下さい。

 

Huluのデメリット

・作品の終了日と入れ替わりが早い

作品が配信されている間に視聴しないといつの間にか終わっている。子供のお気に入りの作品の配信がもうすぐ終わってしまうなってことがあったりします。

逆に考えればいろんな作品に触れることができるのでメリット、デメリットはそれぞれかもしれません。

・複数のデバイスから同時視聴ができない

家族間で共有して利用する場合、複数のデバイスから同時に視聴することができません。

例えば、家で子供がアニメを見ているときに外出中のお父さんがhuluを利用することができなかったり、お姉ちゃんがキティちゃんの動画を見ているときに同時に弟がアンパンマンを見ることができなかったりします。同時視聴しようとするとエラーになり視聴することができません。

Hulu

dTV

最後に紹介するのがdTVです。

基本情報

・月額料金:500円(税抜)

・配信タイトル:12万本以上(見放題作品は12万本)

・無料期間:あり(31日間無料体験)

 

dTVおすすめポイント

・コスパが圧倒的に良い

月額料金500円にして見放題作品が12万本もあるのはとてもコスパに優れています。他の動画配信サービスを見てもこの料金でこれだけの見放題作品がある動画配信サービスはありません。

もちろん、子供向けのアニメや教育番組も取り揃えてありディズニー映画や読み聞かせの本まで多彩に揃えてあります。また、音楽コンテンツもあるのでとても充実しています。

・ダウンロード機能

ダウンロード機能は他のサービスにもありますが、ほとんどのサービスがダウンロードをしてから48時間以内の視聴制限あって48時間を過ぎると再ダウンロードしなければいけなかったりするのですが、dTVの場合はdTVに登録している限りは保存期間や視聴期限がないのでいつでも視聴することができます。なので長い移動があったり、外出している時などに子供にダウンロードした作品を見せることで暇をつぶすことができるのでとても重宝します。

ちなみにHuluにもダウンロード機能があります。Huluの視聴期間も1ヶ月と長いのでおすすめです。

 

dTVのデメリット

・動画数がちょっと物足りない

見放題作品が12万本とありますがこの中にはカラオケやミュージックビデオも1作品とみなされています。なので意外と見たい見放題作品が少なく感じる人もいるかもしれません。月額料金が500円と安いのですが、HuluやU-NEXTなどと比べると動画数は劣ります。特に映画やドラマが少ない印象でした。ただ、子供に満足してもらえるコンテンツ量はありますので感じ方は人それぞれです。

・同時視聴ができない・登録可能な端末は5台まで

端末登録に制限がないサービスが多いのですが、dTVは5台までの制限があります。そして注意が必要なのが同じスマホでもブラウザ毎に開いていたらそれだけアカウントを数えられてしまうので注意が必要です。

また、同時視聴にもネックなところがあり別の端末に切り替えて視聴しようとすると他のデバイス端末で視聴中となってしまい同時に視聴することができません。アカウントは5台あっても1つのデバイスからしか視聴ができなので不便を感じる方もいると思います。

 

まとめ

以上3つの子供向け動画配信サービスをお伝えしまいた。

メリット・デメリットをそれぞれお伝えしてきましたが、感じ方は人それぞれで合う合わないもそれぞれです。値段を重視するならdTVですがそれ以上のコンテンツをU-NEXTもHuluも持っています。

ぶっちゃけわざわざお店に出向いてレンタル、購入することを考えるとそれもコスパはいいと思います。僕が小さい頃はそのようなサービスはなかったので。

幸いにも動画配信サービスには無料トライアル期間があるのでそこで自分や子供に合う合わないを決めてもいいと思います。

まだ利用されていない家庭はぜひ試して見てください。

それでは。。。!

-VOD

© 2020 ひこうきブログ Powered by AFFINGER5